ここから本文です

米軍実弾射撃訓練賛否は住民の反応見て 市長会見

両丹日日新聞 9/30(金) 17:44配信

 福知山市の大橋一夫市長は29日の定例会見で、米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市)に所属する軍人と軍属が、室地区の陸上自衛隊福知山射撃場で、実弾射撃訓練を計画していることに言及。「現時点で容認でも不容認でもない」とし、自らの考えを明らかにしなかった。

 ただし、防衛省近畿中部防衛局が地元説明会を予定しており、「国防は国の専決事項であるが、市民の安心安全を守るという市の立場から、防衛省にどういうことが申し上げられるのか、住民らの反応を見たうえで判断したい」とした。

両丹日日新聞社

最終更新:9/30(金) 17:44

両丹日日新聞