ここから本文です

ハレプがWTAファイナルズの出場を決める [武漢/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/30(金) 12:01配信

 中国・武漢で開催されている「武漢オープン」(WTAプレミア5/9月25日~10月1日/賞金総額258万9000ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第8シードのマディソン・キーズ(アメリカ)を6-4 6-2で破り、ベスト4に進出した。

 ハレプはパワフルなグラウンドストロークでキーズを退け、第14シードのペトラ・クビトバ(チェコ)との準決勝に駒を進めた。3回戦で世界1位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を倒していたクビトバは、準々決勝では第11シードのジョハナ・コンタ(イギリス)を6-3 6-4のストレートで下して勝ち上がった。

「素晴らしい試合だったわ」とハレプ。「彼女(キーズ)は強く、非常にいいサービスの持ち主だから、厳しい相手となり得ることはわかっていた。でも今日は私も動きがよく、コート上での時間を楽しんでいた」。

土居美咲は2回戦でストリコバにフルセットで敗退 [武漢オープン]

 この勝利はハレプにとって、モントリオールでのロジャーズ・カップ決勝、ウィンブルドン3回戦に続く、キーズに対する今年3度目の勝利だった。これでハレプとキーズの対戦成績は4勝1敗となった。

 そしてハレプは3年連続となる、シンガポールでのWTAツアー・ファイナルズの出場権を手に入れている。

 一方、第9シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)は一時は相手にマッチポイントを握られながら巻き返し、第3シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)を1-6 7-6(9) 6-4で下す大逆転劇を演じた。

「試合が進むにつれ、次第によくなっていったわ」と試合後のクズネツォワ。「アガ(ラドバンスカ)は、第1セットでよいプレーをしていたけど、私の動きもよくなかった。第2セットでも私はベストのテニスをしてはいなかったけれど、とにかく離されないよう食らいつき、戦い、頭を使って状況を覆そうと努め続けていた」。

 もうひとつの準々決勝では、第10シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)がバーボラ・ストリコバ(チェコ)を6-3 3-6 6-4で下した。チブルコバは準決勝でクズネツォワと対戦する。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: WUHAN, CHINA - SEPTEMBER 29: Simona Halep of Romania poses with the sign of the BNP Paribas WTA Finals Singapore after qualifying for the Women's semifinals on day 5 of the 2016 Dongfeng Motor Wuhan Open at the Optics Valley International Tennis Center on September 29, 2016 in Wuhan, China. (Photo by Kevin Lee/Getty Images)

最終更新:9/30(金) 12:01

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]