ここから本文です

京都市、独自の通訳ガイド制度で一期生56名が誕生、ガイドの検索・手配サイトもオープン

トラベルボイス 9/30(金) 20:00配信

京都市は2016年9月29日、京都市独自の通訳ガイドスペシャリスト(京都市ビジターズホスト)の検索サービス「クレマチス」を開始した。外国人旅行者や観光業者などが利用することで、ガイドを手配できるようにするもの。

京都市ビジターズホスト制度では、京都市が国の特区制度を活用して市認定の通訳ガイド育成を展開。京都ならではの歴史や文化、産業、暮らしなどに通じたスペシャリストを育て、2016年8月27日に第一期生56名が誕生したところだ。

希望日や条件(英語対応、中国語対応、旅程管理主任者)を選択でき、マッチしたガイドに直接要望や相談、問い合わせもできる。同時に、京都市の観光業者は同サイトへの募集情報も掲載できるほか、仲介業者としての登録制度も設けている。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/30(金) 20:00

トラベルボイス

なぜ今? 首相主導の働き方改革