ここから本文です

目指すは認知度アップ PASMOのロボット、名刺配りで存在アピール開始

乗りものニュース 9/30(金) 13:34配信

営業活動をツイートするとプラモ名刺を抽選でプレゼント

 関東の鉄道、バス事業者で構成されるPASMO協議会は2016年9月27日(火)、公式キャラクター「PASMOのロボット」の認知度を向上させるキャンペーンを開始しました。

国内鉄道路線の動向一覧〈北海道~中部編〉

 その名前は「目指せ人気ロボットキャラクター PASMOのロボット、はじめての営業活動大作戦!」。キャラクターは2007(平成19)年にICカード「PASMO」とともにデビューし、来年10歳を迎えますが、「PASMO カードそのものの高い認知度と同様に、『PASMOのロボット』の認知度を引き上げる必要があると考え」(PASMO協議会)、今回、“営業活動”を行うに至ったといいます。

 具体的な活動は、「CRO」(チーフロボットオフィサー)に就任した「PASMOのロボット」が PASMO エリアで名刺を配り、自らの存在感をアピールするというもの。出没場所は「Twitter」の公式アカウント(@pasmonorobot)に“謎解き”の形で投稿されます。

 この謎を解いて出没場所に足を運び、「PASMOのロボット」が営業活動をしているシーンの写真を、「Twitter」にハッシュタグ「#頑張れPASMOのロボット」付きで投稿すると、抽選で100人に「PASMOのロボット」の特製プラモデル名刺がプレゼントされます。

 出没場所に行けない人も同じハッシュタグとともに応援ツイートを投稿すると、抽選で500人に特製クリアファイルと配布用名刺のセットがプレゼントされます。

 10月8日(土)と9日(日)に日比谷公園(東京都千代田区)で開催される第23回鉄道フェスティバルや、そのほかの鉄道イベントでも「PASMOのロボット」が登場する予定です。一連の営業活動は、12月4日(日)まで続けられます。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/30(金) 14:26

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。