ここから本文です

浦和、負傷の槙野合流 逆転年間首位へスパート、10月1日G大阪戦

埼玉新聞 9/30(金) 10:30配信

 明治安田J1チャンピオンシップ(CS)出場を決めた第2ステージ首位の浦和は第14節の10月1日、ホームに勝ち点4差の同3位G大阪を迎える(14時・埼玉ス)。残り4試合で年間勝ち点は首位川崎と2差の2位。本拠地で宿敵を倒して4連勝し、目標の逆転1位へラストスパートする。

 G大阪には公式戦4連敗中。昨年はCS準決勝で敗れ、天皇杯全日本選手権決勝でも屈した。今季第1ステージもアウェーで0―1で敗れた。G大阪がJ1に復帰した2014年以降は8試合で2勝6敗と相性がよくない。J1通算対戦成績は19勝8分け22敗で、ホームでは10勝5分け9敗。

 チームは29日、大原サッカー場で11対11のゲーム形式などで調整した。脚の張りが回復した日本代表の槙野が完全合流し、主力組の3バック左に入った。前線は興梠、高木、武藤でスタートし、途中から興梠、ズラタン、李の3人になった。右ワイドは駒井、左は宇賀神、3バック中央は遠藤。那須はサブ組で練習した。

 関根は警告累積で出場停止。阿部は次戦に出場すれば史上6人目のJ1通算500試合となる。

最終更新:9/30(金) 10:30

埼玉新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革