ここから本文です

津田氏の病室で見守った前回優勝 広島25年ぶりVに思う「天国からの後押し」

Full-Count 9/30(金) 11:31配信

25年前に亡き親友と見届けた歓喜の瞬間、森脇氏が秘める特別な思い

 2016年。セ・リーグのペナントは広島が投打に圧倒的な強さを見せ1991年以来、25年ぶりの優勝を飾った。9月10日。東京ドームで巨人に逆転勝ちし、首脳陣、選手、ファンが歓喜に沸く中、特別な思いで優勝の瞬間を見届けた男がいた。1984年から87年までカープに在籍し、昨年までオリックスの監督を務めた森脇浩司氏だ。

MVPに輝くのは誰だ? 広島の投手・野手成績一覧

 25年前の優勝は福岡市内にある病院の一室で故・津田恒実氏と一緒に見守っていた。森脇氏と津田氏の関係はここで語るまでもない。炎のストッパーと呼ばれた津田氏は「弱気は最大の敵」を座右の銘にするほど気持ちを前面に出した投球が持ち味だったが、1993年に脳腫瘍で32歳の若さでこの世を去った。病と闘いながら球界復帰を諦めなかった右腕を森脇氏は最後の最後までサポートし続けた。リハビリに最適な地を探し周り、福岡の病院も紹介した。当時、カープが誇る絶対的守護神は歓喜の瞬間をマウンドではなく病院のベットで迎えていた。

「あの日はよく覚えています。テレビのブラウン管に映ったカープの優勝の瞬間を津田はじっと見ていました。山本浩二さんが胴上げされるシーンは感動的でしたね。津田と一緒に私も見ていましたが変に気を遣うことはなかった。嬉しさ、悔しさ。色々と複雑な思いがあったと思いますが、本当にチームの優勝を喜んでいた」

 津田氏が病に倒れたのは1991年4月。開幕直後の巨人戦で1点リードの8回に登板するがわずか9球で同点に追いつかれ降板する。試合後に体調不良を訴え病院で検査を受けると「悪性の脳腫瘍」と診断された。ストッパーを失った広島は勢いの乗れないまま7月を迎えた。それでも山本監督、コーチ、選手たちは諦めなかった。

「山本浩二さん、山崎隆造さんら、みんながお見舞いに訪れてくれた。当時の合言葉は『ツネを優勝旅行に連れて行く』。チーム全体が一体となって試合に挑んでいた。津田も、もう一度マウンドに上がることだけを考え、懸命にリハビリを頑張っていましたから。今年のカープと同じように一体感を感じるチームだった」

1/2ページ

最終更新:9/30(金) 11:56

Full-Count