ここから本文です

日比野がアレルトバを下して大会連覇に王手 [タシケント/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/30(金) 18:16配信

「タシケント・オープン」(WTAインターナショナル/ウズベキスタン・タシケント/9月26日~10月1日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、昨年の優勝者で第4シードの日比野菜緒(LuLuLun)が第9シードのデニサ・アレルトバ(チェコ)を6-2 6-3で倒して決勝進出を果たした。試合時間は1時間6分。

日比野菜緒がツレンコの途中棄権で準決勝へ [タシケント・オープン]

 アレルトバと日比野は昨年6月にイルクリー(ITF5万ドル/グラスコート)の1回戦で初対戦しており、アレルトバが6-2 6-3で勝っていた。

 タシケント・オープンには昨年に続いての出場となる日比野。昨年は決勝でドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-2 6-2を破り、WTAツアー初優勝を果たしていた。今大会では1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のコモラ・ウマロバ(ウズベキスタン)を6-3 6-1で、2回戦で尾崎里紗(江崎グリコ)を7-5 6-1で退け、準々決勝では第6シードのレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)の途中棄権で勝ち上がっていた。

 日比野は大会連覇をかけた決勝で、クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。プリスコバは準決勝で、カテリーナ・コズロワ(ウクライナ)を7-6(2) 6-0で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/30(金) 18:16

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています