ここから本文です

奈良くるみ 2時間半で逆転勝ち、予選1回戦突破<女子テニス>

tennis365.net 9/30(金) 18:31配信

チャイナ・オープン女子

女子テニスのチャイナ・オープン女子(中国/北京、ハード、プレミアマンダトリー)は30日、予選のシングルス1回戦が行われ、予選第13シードの奈良くるみ(日本)がA・クルニッツ(セルビア)を4-6, 7-5, 6-4の逆転で下し、初戦突破を果たした。

【奈良くるみ 日本人初の勝ち星】

初対戦となったこの試合、奈良は第1セットで3度のブレークに成功するも、クルニッツに4度のブレークを許してこのセットを落とす。

続く第2セットでは第1ゲームでクルニッツにブレークを許すも、ファーストサービスを81パーセントの確率で入れて流れを引き戻し、セットカウント1-1に。

その後、ファイナルセットでも接戦が続く中、奈良が3度のブレークに成功して2時間29分で勝利した。

予選2回戦では、予選第5シードのA・リスケ(アメリカ)と対戦する。リスケは、同日の試合で主催者推薦枠で出場のZ・ヤン(中国)をストレートで下しての勝ち上がり。

世界ランク80位の奈良は、2014年のリオ・オープン女子でツアー初優勝を飾り、世界ランキングでの自己最高は同年の32位。

今季は3月のBNPパリバ・オープン女子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTAプレミア)では予選を勝ち抜き本戦2回戦で元女王のV・ウィリアムズ(アメリカ)をストレートで破る金星をあげた。グランドスラムでは4大会全て本戦に出場し、いずれも初戦を突破。

過去の同大会では2014年に本戦2回戦へ進出している。

また、同日には日本勢から大坂なおみ(日本)が登場するも、T・マリア(ドイツ)に2-6, 1-6のストレートで敗れ、本戦入りとはならなかった。

tennis365.net

最終更新:9/30(金) 18:31

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]