ここから本文です

ブラジルW杯に帯同した19歳MFがアジア選手権に闘志「4大会続けてW杯に出場できていないので……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/30(金) 17:02配信

大分ユース出身の19歳

AFC U-19選手権に挑むU-19日本代表メンバーが28日に発表され、J3リーグの所属する大分トリニータからMF坂井大将、MF岩田智輝が選出された。

2014年、ブラジルワールドカップに挑む日本代表にトレーニングパートナーとして帯同した坂井は、その翌年に大分のユースチームからトップ昇格を果たすと、1年目からJ2リーグで4試合に出場。今季はJ3リーグを戦うクラブで23節を終えて9試合に出場している。

U-19日本代表メンバーに選出された同選手は、2017年に韓国で開催されるU-20ワールドカップの切符を懸けて行われるAFC U19選手権に向け、クラブ公式サイトを通じて「最終予選メンバーに選出されて大変嬉しく思います」とコメント。「4大会続けて本大会に出場できていないので、チームとしても個人としてもチャレンジャー精神を持って戦い、FIFA U-20ワールドカップ2017出場を目指します」と意気込みを語った。

また、大分の下部組織出身で今季からトップチームに所属する岩田も選出に際し、「4大会連続で世界に行けていないのでチャレンジャーとしてしっかり戦っていきたいと思います。また、この最終予選で少しでも多くの試合に出場し、自分の良さを出して代表チームに貢献し、成長して大分に帰ってきます」と10月13日に開幕を控えるAFC U-19選手権に向けて闘志を燃やしている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/30(金) 17:02

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報