ここから本文です

ハリー・スタイルズ、ワン・ダイレクションの将来を語る!

ELLE ONLINE 9/30(金) 21:30配信

現在、長期お休み中のワン・ダイレクション。活動を再開するのかどうかが気になるところだけれど、ハリー・スタイルズが1Dの将来についてインタビューで語ったそう。

【写真】グループ結成から活動休止まで ~ワン・ダイレクションの軌跡

雑誌『Another Man』のインタビューに答えたハリー。インタビュアーでコメディ俳優のチェルシー・ハンドラーに「今後1Dとして一緒に活動するの?」と聞かれると、「わからない。僕たちが活動を始めたとき、みんなに”5年後にはどうなっていると思う?”って聞かれたんだ」と答え、将来のことはわからないと匂わせたそう。「みんないつもそう聞くよね? でも答えるのが難しい質問だ。今後何も一緒に活動しないとは絶対に言わないけれど、それぞれ違うことを追求するのは僕たちにとっていいことなんだ」「たぶんある時点でみんなが一緒に何かをやりたいと思うかも。でもそれはナチュラルに起きる方がいいと思う」と、自然に任せたい気持ちを明らかにしたそう。

リアム・ペインやナイル・ホーランもソロ契約を結び、それぞれ活動を始めている1D。ハリー自身はクリストファー・ノーラン監督の映画『Dunkirk(原題)』で俳優デビュー! インタビューでは映画の仕事についても語ったそう。「ナーバスになったけれど、うまくいっていると思う。学校で演技をしたし、いつもやりたいと思っていたことなんだ」「チャレンジだったけれど、安心できる場所から外に出るのは気分がいいよ」「今はスタジオで作業したり映画の撮影をしたりするのを楽しんでいる。バカンスに行くことは考えていないよ。とてもラッキーな気分なんだ」とか。

ソロ活動を思い切り満喫しているハリー。1Dの運命も気になるけれど……まずはそれぞれの活躍を楽しみにしたい!
(text : Yoko Nagasaka)

from ELLEgirl

最終更新:9/30(金) 21:30

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]