ここから本文です

スポーツクライミングにチャレンジ 大宮ろう生徒、体験学習で汗流す

埼玉新聞 9/30(金) 10:52配信

 さいたま市北区の県立大宮ろう学園(伊藤えつ子校長)は高等部専攻科の体育の校外学習として28日、今年7月に同市大宮区にオープンしたクライミングジムの「グラビティリサーチ大宮」でクライミングの体験学習を実施。専攻科1、2年生の7人が参加した。

 校外学習は春と秋に行われており、生徒から秋はクライミングをぜひやってみたいとの声が上がっていた。スポーツクライミングが2020年東京オリンピックの正式種目となったこともあり、生涯スポーツとして楽しんでもらおうと、同施設へ声を掛けて実現したという。

 安全に楽しめるように、同施設の大橋彰人さん(28)の指導のもと、約1時間半にわたって汗を流した。クライミングを提案した専攻科2年生の内野環さん(19)は、「テレビを見てやってみたいと思っていた。初めての経験で思ったよりも筋肉を使うので大変だった」と話していた。

最終更新:9/30(金) 10:52

埼玉新聞