ここから本文です

澤柳璃子、大前綾希子ら日本勢5人が8強入り [飯塚/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/30(金) 22:45配信

「国際女子テニス大会 ニコニコ飯塚JCカップ」(福岡県飯塚市・筑豊ハイツ 緑地公園テニスコート/本戦9月27日~10月2日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の本戦4日目は、シングルス2回戦8試合とダブルス準々決勝3試合・準決勝2試合が行われた。

 シングルスのシード勢は、第1シードのチャン・スジョン(韓国)、第2シードのチャン・カイチェン(台湾)、第4シードの澤柳璃子(ミキハウス)、第5シードの大前綾希子(島津製作所)がベスト8進出を決めたが、第3シードの青山修子(近藤乳業)、第6シードの岡村恭香(ストライプインターナショナル)、第8シードの瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)は敗れた。

 ダブルスでは、準決勝で第1シードの久見香奈恵/高畑寿弥(ともに橋本総業ホールディングス)が第4シードの井上明里(レスポートサックジャパン)/井上雅(テニスラウンジ)を6-3 7-5で、今西美晴(島津製作所)/大前は小関みちか(フリー)/西郷幸奈(総武グリーンテニスクラブ)を6-1 6-3で破り、それぞれ決勝進出を決めている。

 10月1日(土)は10時00分からシングルス準々決勝4試合と準決勝2試合、13時00分以降にダブルス決勝が行われる予定となっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【シングルス2回戦】

○1チャン・スジョン(韓国)[1] 6-1 6-3 ●3久見香奈恵(橋本総業ホールディングス)

○8大前綾希子(島津製作所)[5] 6-2 6-4 ●6本玉真唯(S.ONE)[WC]

○9澤柳璃子(ミキハウス)[4] 6-2 6-3 ●12加治遥(園田学園女子大学)[Q]

○14清水綾乃(高崎テニスクラブ)[Q] 6-2 6-0 ●16岡村恭香(ストライプインターナショナル)[6]

○19トーリ・キナード(アメリカ)3-6 6-4 6-4 ●17瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)[8]

○22田中優季(メディカルラボ)7-5 4-6 6-4 ●24青山修子(近藤乳業)[3]

○27村松千裕(吉田記念テニス研修センター)[Q] 6-0 6-2 ●26久松志保(鹿児島銀行)[Q]

○32チャン・カイチェン(台湾)[2] 6-2 6-2 ●30山外涼月(Club MASA)[Q]

--------------------

【ダブルス準決勝】

○1久見香奈恵/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)[1] 6-3 7-5 ●5井上明里/井上雅(レスポートサックジャパン/テニスラウンジ)[4]

○10今西美晴/大前綾希子(島津製作所)6-1 6-3 ●13小関みちか/西郷幸奈(フリー/総武グリーンテニスクラブ)

------------

【ダブルス準々決勝】

○1久見香奈恵/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)[1] 6-4 6-4 ●3田中優季/山外涼月(メディカルラボ/Club MASA)

○10今西美晴/大前綾希子(島津製作所)6-2 6-2 ●11村松千裕/清水綾乃(吉田記念テニス研修センター/高崎テニスクラブ)[WC]

○13小関みちか/西郷幸奈(フリー/総武グリーンテニスクラブ)6-2 6-2 ●15梶谷桜舞/吉冨愛子(島津製作所/橋本総業ホールディングス)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:10/1(土) 16:57

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。