ここから本文です

普通鋼輸出、3カ月ぶり増239万トン

日刊産業新聞 9/30(金) 12:31配信

 日本鉄鋼連盟が29日に発表した8月の鉄鋼貿易実績によると、普通鋼鋼材輸出量は前年同月比2・0%増の239万1000トンとなり、3カ月ぶりに増加した。前月比でも1・9%増。国内需要が伸び中む中、高炉などが輸出シフトの姿勢を強めたためで、韓国、タイ、中国、台湾向けなどが増加した。ただ足元は、円高が定着する中、海外市況の停滞で、一部ミルでは輸出に抑制的な姿勢を示すところもある。

最終更新:9/30(金) 12:31

日刊産業新聞