ここから本文です

アジアの借りはアジアで返す! U-19日本代表DF冨安が2年前の雪辱誓う「今度は必ずW杯の切符を」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/30(金) 17:30配信

今季、福岡でJ1で9試合に出場

U-19日本代表メンバーに選出されたアビスパ福岡DF冨安健洋がAFC U-19選手権に向けた意気込みを語った。

福岡の下部組織出身で2016年にトップチーム昇格を果たした富安。今季は現在までリーグ戦9試合に出場しており、7月にはリオデジャネイロオリンピックを戦ったU-23日本代表チームにトレーニングパートナーとして加わっている。

2017年に韓国で開催されるU-20ワールドカップ出場を懸け、AFC U-19選手権を戦う日本代表メンバーに選出された冨安はクラブ公式サイトを通じて「とても嬉しく光栄に思います」とコメント。「チームが苦しい状況の中、チームを離れなければいけないことは心苦しく、また悔しい思いもありますが、まずは次のアウェイ名古屋戦で勝利できるよう精一杯頑張りたいと思います。そしてチームメイトを信じてこの後の戦いを託したいと思います」と語った。

2014年のAFC U-16選手権では、決勝トーナメント1回戦で韓国に敗れ、U-17ワールドカップ出場を逃した日本。同試合にも先発出場していた富安は最後にAFC U-19選手権に向け、「FIFA U-17ワールドカップのアジア予選では非常に悔しい思いをしたので、今度は必ずFIFA U-20ワールドカップ出場の切符をとりたいと思います。持っている力をすべて発揮し、日本代表として、アビスパ代表として頑張ってきます」と闘志を燃やしている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/30(金) 17:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報