ここから本文です

福山雅治に「本当にお恥ずかしい」と思わせる松田聖子の“すごさ”とは?「あまりにもすごくて、すごさが伝わらない」

E-TALENTBANK 9/30(金) 21:10配信

29日深夜、テレビ朝日系「夜の巷を徘徊する 福山雅治・未公開SP」で、前日に放送された「夜の巷を徘徊する 1時間特集」の未公開シーンが放送。その中で、福山雅治が、松田聖子の“歌唱力”について絶賛する場面があった。

昔、好きだったアイドルに酒井法子、少女隊のミホ、菊池桃子らを上げた福山。中森明菜の大ファンだったというマツコ・デラックスとアイドル談義を繰り広げた。

その中で、松田聖子の名前が上がり、マツコは中森明菜のファンすぎたが故に、子供心に捻くれて遠ざけていたことがあったと語った。しかし大人になって、その圧倒的な歌唱力を誇る松田聖子を「なんで子供の頃にあれを良いものとして素直に受け入れて鑑賞物として楽しめなかったんだろう」と後悔したと語った。

これを受けて福山は「聖子さんは、僕もミュージックステーションとか出てて、懐かしの日本の歌とかいろんなVTR紹介するときに見てて思って、本番中にもタモリさんとも話してたんですけど、抜群に(歌が)上手いんですよ」と松田聖子の歌唱力を絶賛。

さらに「これ、比べると本当に分かる。自分が歌番組出てて歌ってて、本当お恥ずかしいって思うくらい。ピッチは素晴らしいし、マイクのコントロールがものすごい。あまりにもすごくて、すごさが伝わらないっていう。素人って、凄すぎるものを見せられると当たり前に見えてしまう」と、熱弁をふるい、マツコもそれに同意していた。

最終更新:9/30(金) 21:10

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]