ここから本文です

「対応に反省点」林市長 横浜点滴連続殺人

カナロコ by 神奈川新聞 9/30(金) 7:05配信

 横浜市神奈川区の大口病院の点滴連続殺人事件で、林文子市長は29日、事件前後に複数の情報提供があったことを踏まえ、「市の対応に反省すべき点があると感じている」と述べた。

 市は7、8月に病院内のトラブルに関するメールを複数受信したものの、病院に事実関係を確認して再発防止を口頭指導したのは今月2日の定期立ち入り検査の際だった。20日にも点滴への異物混入についてメールが届いたが、対応していなかった。

 これまで市の担当者は適切な対応だったと説明していたが、林市長は「早い段階でさらに病院に問い合わせるべきだった」と指摘。「市として再発防止を指導していたが、重大な事態になり大変心を痛めている」と述べた。今後弁護士らによる第三者検証委員会を立ち上げる。

 同日開かれた市会決算特別委員会で磯部圭太氏(無所属)の質問に答えた。

最終更新:9/30(金) 7:05

カナロコ by 神奈川新聞