ここから本文です

メーター外し不正使用 水道局の職員に過料5万円処分

カナロコ by 神奈川新聞 9/30(金) 8:00配信

 川崎市は29日、同市宮前区の自宅の水道メーターを取り外して直結管を付けて水道を使用していた上下水道局の男性職員(50)に対し、過料5万円の処分を科した。同日付で宮前署に被害届を提出した。

 市上下水道局によると、6月16日に委託先の検針会社の職員が不正を発見。市が調べたところ、同7日から16日まで不正に使用されていた疑いが強いという。

 同局の調査に対し、男性職員は「自宅近くで火事があり、濁水が出たので排水のために検針が来る10分前からメーターを外した」と話しているという。同局サービス推進部営業課は「いずれにせよ個人が無断で外してはならないもの。いつから不正使用されていたかは、警察の捜査を待ちたい」としている。

最終更新:9/30(金) 8:00

カナロコ by 神奈川新聞