ここから本文です

俳優ベネディクト・カンバーバッチがD・ギルモア公演でピンク・フロイドを歌う

Billboard Japan 9/30(金) 18:40配信

 映画『ドクター・ストレンジ』(来年日本公開予定)ではスーパーヒーローを、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』では宇宙の悪党を、『フィフス・エステート/世界から狙われた男』では国際的な一匹狼を、そして『SHERLOCK/シャーロック』では希代の名探偵を演じてきた英人気俳優、ベネディクト・カンバーバッチが、デヴィッド・ギルモアのステージに登場し歌を披露した。

 シンガーとしては馴染みのないカンバーバッチだが、ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアが行ったロイヤル・アルバート・ホール5夜公演の第3夜、9月28日のステージに飛び入りし、なんとフロイドの1979年の名曲「コンフォタブリー・ナム」でその歌声を披露したのだ。同曲のヴァース部分をなかなか味のあるボーカルで聴かせた。

 デヴィッド・ギルモアが元ピンク・フロイドのベーシスト兼シンガー、ロジャー・ウォーターズが歌うパートにゲストボーカルを迎えるのは今回が初ではないが、カンバーバッチはうまく務め上げていた。

 俳優ベネディクト・カンバーバッチがデヴィッド・ギルモアの公演に登場し、ピンク・フロイドの「コンフォタブリー・ナム」を歌う様子は現在YouTubeで視聴できる。



◎David Gilmour - Comfortably Numb (featuring Benedict Cumberbatch)
https://www.youtube.com/watch?v=FaaoTvEdKtA

最終更新:9/30(金) 18:40

Billboard Japan