ここから本文です

『オリエント急行殺人事件』再映画化、ジョニー・デップ&デイジー・リドリーが出演

クランクイン! 9/30(金) 12:55配信

 英ミステリー作家アガサ・クリスティ原作の『オリエント急行殺人事件』リメイク版に、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの人気俳優ジョニー・デップや『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)の女優デイジー・リドリーなどが出演することが決まった。米20世紀フォックスがキャストを正式発表したと、E!Onlineなどの海外メディアが伝えた。

【関連】シドニー・ルメット監督作『オリエント急行殺人事件』フォトギャラリー


 『オリエント急行殺人事件』は名探偵エルキュール・ポワロが、カレーに向かう大陸横断国際列車オリエント急行で起きた殺人事件の解決に挑む姿を描く。1974年にシドニー・ルメット監督で映画化され、アルバート・フィニーがポワロを演じ、女優ローレン・バコールやイングリット・バーグマンら豪華スター陣が共演した。

 リメイク版では、監督を務める映画『マイティ・ソー』(11)や『シンデレラ』(15)のケネス・ブラナーが、主役のポワロを演じる。ジョニーは殺人事件の被害者ラチェット・ロバーツ、デイジーはイギリス人教師のメアリー・デベナムを演じるそうだ。

 ほか、出演が決まったのは、ロシアのナタリア・ドラゴミノフ公爵夫人役のジュディ・ディンチ、ハリエット・ベリンダ・ハバード夫人役のミシェル・ファイファー、エレナ・アンドレニイ伯爵夫人のルーシー・ボイントンなど。先にアンジェリーナ・ジョリーが出演交渉に入ったと伝えられたが、契約には至らなかったという。ロンドンで11月より制作が始まる予定。

最終更新:9/30(金) 12:55

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革