ここから本文です

アロンソ「F1出走300戦達成は才能の証」。バトンを称賛

オートスポーツweb 9/30(金) 9:12配信

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、今週末のマレーシアGPでF1決勝出走300戦目を迎えるジェンソン・バトンを祝福、バトンにとっていいグランプリになるよう、チーム全員で力を尽くしたいと述べた。

2016年マレーシアGP木曜記者会見 ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

 これまで出走300回を超えていたのは、ルーベンス・バリチェロ(322回)とミハエル・シューマッハー(306回)のふたりだけ。現在出走回数でバトンに続いているのはアロンソで、シンガポールまでに266回を達成、もし2018年にもF1に残れば、300戦を超える見込みだ。

「200戦、300戦というと、すごい回数だと思う。自分がそこまで到達するとき、驚きはしないけど、ずいぶん長くやっているんだと実感する」とアロンソ。

 それだけ長くF1を続けられるのは優れたドライバーである証だとして、アロンソはバトンを称賛した。

「(バトンの300回出走は)素晴らしい成果だ。300戦に到達するというのは意味のあることだよ。素晴らしい才能があり、何年にもわたっていい結果を出し、チームから信頼されてきたということだ」

「いい仕事をたくさんし続け、強い士気を保ち、身体を100パーセントの状態に維持し、ベストのコンディションでレースをしているということなんだ」

「ジェンソンが成し遂げたのは、そういうことだ。おめでとうと言いたい」

「特別な週末になる。皆、それを意識している。この週末をいつも以上にエキサイティングなものにし、彼が喜べるようなものにできるチャンスがあるなら、それをつかみにいくつもりだ」


 300戦出走に到達したドライバーは現時点では少ないが、今は若くしてデビューするドライバーが多いため、これからは大勢が200戦、300戦出走を達成するだろうと、アロンソは言う。

「200戦、300戦を達成するドライバーはこれまで多くなかった。以前はデビューする年齢がいまほど若くなかったからだ」とアロンソ。

「これからは大勢のドライバーが200戦、300戦に到達するだろう。20代初めか10代終わりでデビューするからね。(マックス・)フェルスタッペンは17歳だった」


 当のバトンは、デビューした当時はこれほど長くF1の世界にいるとは予想していなかったと述べている。

「ルーベンスが300戦を達成した時のことを覚えている。信じられなかったよ」とバトン。

「『僕はそんなに長く走らないだろうな』と思った」

「2000年にF1にデビューした時、父から『いつごろまでレースをすると思う?』と聞かれた。『30歳手前ぐらいかな』と答えたっけ」

「でも今、36歳でまだ走っている。今週末は300回目の出走だ。F1の世界にどっぷりつかっている。いいパフォーマンスを発揮できる限りは、離れられない」

「300戦まで、とてもいいキャリアを過ごしてきた。浮き沈みはあったが、どんな世界でもそれは同じだ」

 バトンは来年1年はレギュラードライバーの座からは退くものの、マクラーレン・ホンダには残留、2018年に復帰する可能性が残っている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/30(金) 9:25

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]