ここから本文です

ベッテル「勝てると断言できる強さはない。ただチャンスはある」:フェラーリ マレーシア金曜

オートスポーツweb 9/30(金) 20:04配信

 2016年F1マレーシアGPの金曜プラクティスで、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは4位/3位だった。

2016年第16戦マレーシアGP サーキットに到着したキミ・ライコネン(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル フリー走行1=4位/2=3位
 まずまずの一日だったと思う。ものすごくたくさんのものをテストし、ペースは悪くなかった。少なくとも走っている時に言われたことから判断すると、そのようだ。 

 今回もメルセデスはロングランでもショートランでもすごく強そうだったね。僕らに関しては、ショートランにはすごく満足しているが、ロングランについてはまだ他のチームがどういう状態で走っていたのか分からないから何とも言えない。

 もっとよくなると思う。マシンをもう少しうまくまとめることができるだろう。明日に向けて、あちこち改善の余地があると思う。

 僕らの目標は勝つことだ。それ以外あり得ない。同時に、今の段階でここで勝てると断言できるほどの強さはないという事実をしっかり見つめ、認識する必要がある。それでも状況によってチャンスが訪れたとき、しっかりいい位置にいて、チャンスをつかまなければならない。

 新しいアスファルトになって路面が一段向上したようだ。最終コーナーは少しトリッキーだけど、全体的に見ると向上したと思う。

 FP2ではハードタイヤを使わなかった。ソフトタイヤの方が好ましい。日曜にどういう戦略を選べるか、考えていく必要がある。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/30(金) 20:05

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。