ここから本文です

ハースF1、フェラーリの秘蔵っ子ルクレールを迎える可能性を否定

オートスポーツweb 9/30(金) 19:12配信

 ハースF1のチーム代表ギュンター・シュタイナーが、フェラーリの秘蔵っ子シャルル・ルクレールを、来季のレースドライバーに迎える可能性を否定した。彼のチームには、もう少し経験の豊富なドライバーが必要と考えているからだ。

 現在までにハースが獲得した28ポイントのすべてを稼ぎ出したロマン・グロージャンは、来季もチームに残ることになりそうだが、そのチームメイトが誰になるかはまだ決まっていない。

 ルクレールは、イギリス、ハンガリー、ドイツのFP1でハースのマシンをドライブし、チームに好印象を与えてきた。ただし、彼は今年参戦中のGP3でタイトルを獲得しないと、スーパーライセンスの発給を受ける資格を得られない。

 以前、シュタイナーは、ハースがフェラーリのジュニアプログラムに協力して、その育成ドライバーに経験を積ませる可能性もあると発言していた。しかし、来季に関しては、ルーキーは彼らの選択肢には入らないという。

「現在の私たちのポジションを考えると、彼はあまりに経験が浅すぎる」と、シュタイナーはルクレールについて語った。ルクレールは今年この後、ブラジルとアブダビのプラクティスでも、ハースをドライブする予定になっている。

「年齢が若すぎると言っているのではない。マックス・フェルスタッペンはいい仕事をしているからね。実際、ルクレールのFP1でのドライビングは高く評価しているし、彼はすぐにペースをつかんだ。ただ、私たちがチームとして必要としているのは、実戦でポイントを獲得できるドライバーなんだ」

「当面、私たちはチームを育てていかなければならず、同時にドライバーを育てる余裕はない。だから、いまのところ、ルーキーは来季のドライバーの選択肢にはならない」

 また、シュタイナーは、育成ドライバーのひとりを受け入れることに関して、過去にフェラーリと話し合いを持ったこともないと付け加えた。


 彼はアメリカ人ドライバーのアレクサンダー・ロッシを例にあげて、新人ドライバーの起用が裏目に出る可能性について語っている。ロッシは昨年、ロベルト・メリと交替しながら、シーズン終盤の5戦でマノーをドライブした。

「昨年、私はアレクサンダー・ロッシを起用する可能性について、何度も質問を受けた。だが、もしそうしていたら、彼のキャリアを台無しにしてしまったかもしれない」

「新人ドライバーが私たちのようなチームに加わった場合、チームのパフォーマンス不足のために、まともな成績を残せないこともありうる。だが、彼のようなドライバーには他に機会がないから、あえてそうしたリスクを冒そうとするだろう」

「そして、良い結果が出なければ、私たちが不当な批判を受けることにもなる。私たちは、まず自分たちが成長して、もっと大きなチームになることを考える必要がある。チームとしてある程度の規模になれば、若い才能を受け入れることもできるようになるはずだ」

 シュタイナーは、2017年のラインナップの発表を急いではいないという。どうやら彼は、同様にラインアップの確定していないルノー、ウイリアムズ、ザウバー、マノーといったチームの動向を見極めてからでも、遅くはないと考えているようだ。

「私たちは、もう少し待っても差し支えない立場にある。ドライバー市場にも大きな動きはないからね」

 現在のグロージャンのチームメイト、エステバン・グティエレスは、このところ成績も上向き、自分でもF1にとどまれるはずとの自信を示している。彼は来年もシートを確保できるだけの働きをしていると思うかとの質問に、シュタイナーはこう答えた。

「あと少しだけ、様子を見てから判断したい。(前戦のシンガポールで)彼はとても良いレースウィークエンドをすごした。スタートでトラブルはあったものの、あれは彼のミスではなかった」


[オートスポーツweb ]

最終更新:9/30(金) 19:12

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。