ここから本文です

タイの三輪車「トゥクトゥク」で沖縄を走ろう 国際通りで貸し出し

沖縄タイムス 9/30(金) 10:00配信

 沖縄トゥクトゥク(恩納村、大津秀一社長)が30日、タイの三輪タクシー「トゥクトゥク」のレンタルショップを那覇市安里の国際通りにオープンする。7月オープンの恩納村店に次いで2店舗目。

 トゥクトゥクはタイ製で1台4人乗り。オートマチック限定免許で運転できる。両店で3台を貸し出し、10月中に両店とも7台に増やす。7人乗りも導入する。

 外装はオリジナルのびんがた模様で、発光ダイオード(LED)で飾ったものもある。高音質のスピーカーを備えた。雨天時は車体の側面にカーテンを下ろす。トゥクトゥクのルーツは、沖縄で普及していたことのあるオート三輪車との説があるという。

 大津社長は「トゥクトゥクでのブライダルや、広告宣伝車としての使い方も提案していきたい」と話している。

 那覇国際通り店での貸出料金は1時間3480円。本島内はどこでも走行可能で1泊2日3万9800円のプランもある。問い合わせは同店、電話098(955)0153(午前11時~午後10時、年中無休)。

最終更新:9/30(金) 18:45

沖縄タイムス