ここから本文です

負傷から6週間経過も復帰ならず ウェールズ指揮官、ラムジーの欠場に落胆

SOCCER KING 9/30(金) 16:34配信

 ウェールズサッカー協会(FAW)は29日、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選2試合に臨むウェールズ代表メンバー23名を発表。負傷離脱中のMFアーロン・ラムジー(アーセナル/イングランド)は選外となった。

 離脱が長引く同選手について、ウェールズ代表のクリス・コールマン監督が「彼がいないことは残念だ」とコメントした。イギリス紙『デイリーメール』が29日に報じている。

 ラムジーは8月14日に行われたプレミアリーグ第1節のリヴァプール戦に先発出場したが、後半途中に負傷。61分にスペイン人MFサンティ・カソルラとの交代でピッチを後にした。当時の報道では3週間程度の離脱を強いられる見込みと報じられていたが、6週間以上が経過した現在(9月30日時点)でも復帰を果たせていない。

 コールマン監督は「6週間前、彼がケガをした時には、3週間程度の離脱だと伝えられていた。しかし、彼がトレーニングで(再び)負傷したという情報を得た。我々のフィジオセラピストがアーセナルと連係しているからね。彼の復帰がいつになるのか、我々は知らされていないんだ」とコメント。ラムジーの現状について明かした。

 初出場のユーロ2016ではベスト4進出を果たしたウェールズ代表は、9月5日のW杯予選第1節ではモルドバ代表に4-0と快勝した。60年ぶりの本大会出場へ向けて好スタートを切り、10月6日の第2節ではオーストリア代表とアウェーで、9日の第3節ではジョージア代表とホームで対戦する。

 ラムジーは第1節に続いて、10月の2試合も欠場することが決まった。コールマン監督は「残念だよ。この大会の30パーセント(予選10試合中3試合)を彼なしで戦うことになる。厳しいことだ。彼は大舞台を愛している。アーセナルでもそうだね。自分自身を表現するために、ピッチに立つ必要があるんだ」と、落胆の意を示した。

 クラブだけでなく代表チームからも復帰を待ち望まれているラムジー。再びピッチに立つのはいつになるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:9/30(金) 16:46

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。