ここから本文です

仏代表復帰また見送り…デシャン監督とベンゼマの関係は修復不可能か

ゲキサカ 9/30(金) 16:39配信

 フランス代表のディディエ・デシャン監督は、10月7日にホームでブルガリア代表、同10日に敵地でオランダ代表とW杯予選を戦う代表メンバーを発表した。負傷で代表を離れていたGKウーゴ・ロリス(トッテナム)やMFキングスレー・コマン(バイエルン)らが再招集された一方、FWカリム・ベンゼマの復帰はまたも見送りとなった。

 ベンゼマはマテュー・バルブエナとの間で起きた恐喝容疑事件により、フランス代表から外れている。さらにベンゼマは今年6月にデシャン監督を人種差別主義者と非難したことで、状況をさらに悪化させていた。

 ただ『マルカ』によると、デジャン監督は一連のコメントとは一切関係ないとし、「すべての決定は、私がチームのために下したことだ」とそれ以上の言及は避けたという。関係の修復は現時点では難しいものとみられる。

最終更新:9/30(金) 16:39

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革