ここから本文です

大宮バス妨害の川崎Fサポの最終処分が確定…明確になった事象も

ゲキサカ 9/30(金) 20:31配信

 川崎フロンターレと大宮アルディージャは、17日に起こったサポーターによるトラブルの追加および最終報告を行った。

 問題があったのは17日に熊谷陸上競技場で行ったJ1第2ステージ第12節の大宮対川崎F戦後で、川崎Fサポーターがブーイングや拡声器によるサイレン音、また罵声を発する妨害行為を行うなどして、大宮の選手が乗ったバスの出庫を妨害する行為に及んでいた。

 24日に経過報告を行っていた両クラブだが、改めて調査結果を報告。10数名としていた違反者が15名であったこと、バスの進路を妨害する棒のようなものを飛ばしたとしていたものは、旗棒のケースの中から飛び出した約80cmの棒だったことを発表した。

 バスの前に飛び出した1名に5試合の入場禁止処分、大宮サポーターとトラブルを起こした2名に1試合の入場禁止処分を科していたが、新たに旗棒で進路を妨害した1名に25日から3試合の入場禁止処分を科していたことを発表。それ以外の11名には厳重注意を行ったとした。

最終更新:9/30(金) 20:31

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合