ここから本文です

ポルシェ「パナメーラ4 E-ハイブリッド」などを世界初公開!現地画像でお届け【パリショー2016】

オートックワン 9/30(金) 12:24配信

9月29日に開幕した『パリモーターショー2016』でポルシェが新型『パナメーラ 4 E-ハイブリッド』と、世界中で最も市販台数の多いレーシングカーの新型モデル『911 GT3 Cup』を世界初公開した。

このニュースのフォトギャラリー

この日、ポルシェブースに登場したポルシェAG社長のオリバー・ブルーメ氏は、「この新しいモデルはデザインとテクノロジーにおいて革命を起こす真のラグジュアリーサルーンです。さらに911のアイデンティティとスーパースポーツカーである918スパイダー、そしてハイブリッドレーシングカーの919ハイブリッドの遺伝子を持つことは、ポルシェファンの皆様に間違いなくご理解いただけると思っています。」とコメントし、パナメーラ 4 E-ハイブリッドの完成度に満足した様子だった。

新型『パナメーラ 4 E-ハイブリッド』

パナメーラ 4 E-ハイブリッドは、セルが進化したことで容量が大きくなったリチウムイオンバッテリーにより電気のみで50kmの走行が可能となった。

同モデルのNEDCによる燃料消費量は2.5リッター/100km、プラグインハイブリッドモデルの効率性の目安となる電力使用量は15.9kWh/100kmとなり、CO2排出量は56g/km。

しかし、パナメーラ 4 E-ハイブリッドはラグジュアリーサルーンにおける真のスポーツカーである。最高速度は278km/hに到達し、最大トルクはシステム全体で700Nmにもなる。この4WDの4ドアハイブリッドスポーツカーの0-100km/h加速時間は、僅か4.6秒である。

新型『911 GT3 Cup』

世界中でポルシェが主催するワンメイクシリーズ用競技車両としてポルシェモータースポーツにより開発された次世代のGTレーシングカーの新型911 GT3 Cupは、新開発の水平対向6気筒4リッター直噴エンジンを搭載し、最高出力は485psに達する。車重僅か1,200kgのシングルシーターは吸気側および排気側の可変カムシャフトコントロールを備えている。

同モデルは、V6ツインターボの2.9リッターエンジンと電気モーターの組み合わせにより、462psを発生する。

フロントとリアに加えられた新たなエアロダイナミクスはトラクションの増加とラップタイムの短縮に寄与する。

最終更新:9/30(金) 12:24

オートックワン