ここから本文です

続・「仮面ライダーエグゼイド」変身ベルト開発秘話。こだわりのLED&サウンド、影山ヒロノブのシャウトを聴け!

M-ON!Press(エムオンプレス) 10/1(土) 0:07配信

いよいよ番組放送スタート目前。今わかっている情報を限界まで引き出しました!

2016年10月2日(日)放送スタートの「仮面ライダーエグゼイド」、その変身ベルト玩具となるのがバンダイ『変身ベルト DXゲーマドライバー』(オープン価格/10月1日発売)。「エグゼイド」の鮮烈なデザインとともに、ド派手なビジュアルとギミックが話題になっています。

【詳細】他の写真はこちら

本製品の発売に先がけ、DIGIMONO!ではバンダイの開発スタッフを総力取材。同社ボーイズトイ事業部で『DXゲーマドライバー』を担当した舟木 裕紀さんへのインタビューとともに、変身ベルトを使った実演も動画でたっぷりお届けします!

【前回(9月23日)掲載のインタビュー前編もチェック!】

「仮面ライダーエグゼイド」変身ベルト開発者に聞く。超ポップになっても失われない“ライダーのアイデンティティ”とは?

大反響の前編に続き、ここからは玩具のギミックに深く切り込んだ後編に突入です。

LEDと「鏡」を駆使したビジュアル演出

――仮面ライダーの変身ベルトといえば、毎回、新しい演出によるライト&サウンドギミックが魅力です。『変身ベルト DXゲーマドライバー』を開発される上で今までと最も違ったことは?

バンダイ 舟木さん(以下、敬称略):やはり、ベルト中央のビジュアル演出ですね。これまでの変身ベルトは、変身アイテムと連動するサウンド演出は大きく変化しますが、ビジュアルはほとんど変わらなかった。しかし「エグゼイド」では、変身するライダーのビジュアルがベルト中央に浮かび上がるデザインです。玩具では、いかにそれを再現するかの工夫が必要でした。

――『DXゲーマドライバー』のベルト中央にかなり厚みがあるのが仕掛けの秘密ですね。具体的に、どういう仕組みでビジュアルが浮かぶのでしょうか。

舟木:ビジュアル自体は各「ライダーガシャット」内部にタンポ印刷という手法でプリントされています。それをベルト内側のスロットに挿入すると、「ライダーガシャット」内部から下に向けてLEDが発光。「ライダーガシャット」のビジュアルを照らしだし、それがベルトに仕込まれている鏡に反射して、中央に浮かび上がる仕組みです。あえて挿入スロット部の脇の部分も透明化し、「ライダーガシャット」側面の発光も見せています。

――ふだんはレバーで隠されている部分が開いて、変身するライダーのビジュアルが見えますね。

   
▲バンダイ『変身ベルト DXゲーマドライバー』に付属する「マイティアクションXガシャット」と、『DXキメワザスロットホルダー&爆走バイクガシャット』に付属する「爆走バイクガシャット」。(写真はいずれもクリックで拡大)

舟木:さらに、別売りの「ライダーガシャット」を組み合わせてスロットに2本挿しすることで「レベルアップ」のギミックを楽しめます。このとき、各「ライダーガシャット」に刻まれているビジュアルが、鏡の反射により中央でキレイに合成されるようデザイン・設計が工夫されています。LEDをまとめて1ヵ所から当てるのではなく、ふたつのスロットで別々にLEDを当てて反射させているのがキモですね。1つセットするとライダーの姿だけが浮かび、2つセットするとそこに背景が加わります。「ライダーガシャット」をたくさん集めれば集めるだけ、組み合わせによって様々なビジュアルバリエーションが楽しめますよ。

――ベルト内部でビジュアル変化が楽しめる変身ベルトは、初の試みですね。

影山ヒロノブが歌いまくる衝撃のサウンドギミック!
――そして変身ベルトにはサウンドギミックも欠かせません。ベルト音声といえば『仮面ライダーオーズ/OOO』の串田アキラさんを始め、『ドライブ』ではクリス・ペプラーさん、『ゴースト』ではm.c.A・Tさんが担当されていました。そして今回の『エグゼイド』では数々のアニメソングでおなじみのボーカリスト・影山ヒロノブさんが!

舟木:変身アイテムの「ライダーガシャット」はゲームソフトがテーマなので、影山さんがそれぞれのゲームの主題歌を歌っているような変身ボイスになっています。曲調も「ライダーガシャット」個々のゲームジャンルや内容に合わせて、アクションゲームっぽい、RPGっぽいなどバラエティに富んでいますよ。

――影山さんの音声収録現場はどのような雰囲気でしたか?

舟木:さすがベテランの影山さんだけあって、作品制作側の意図もすぐ汲み取っていただけて、非常にスムーズでした。「ライダーガシャット」の種類に応じて、まさに影山さんらしさ全開の歌い上げ方をしていただいたり、逆にご本人の楽曲では聴けない雰囲気の音声もあり、収録をとても楽しまれていたようでした。お得意のシャウトもたっぷり披露していただけて、スタッフも大喜びでしたね。

影山ヒロノブさん渾身のボイスを収録した、5種類の「ライダーガシャット」の音声がこちら。(動画:47秒)

――ベルトに「ライダーガシャット」を2つ挿すとビジュアルが合成されますが、サウンドは2つの曲がミックスされるんでしょうか。

舟木:はい、バトンタッチの要領で順番に流れるようになっているんですが……『変身ベルト DXゲーマドライバー』の開発で最も苦労したのが、そのつなげ方でした。「ライダーガシャット」の音声は個別に曲調やリズムも違うし、収録されている時間もひとつひとつ違う。どのタイミングで2つのサウンドを切り替えれば上手に曲がつながるか、試行錯誤を繰り返してタイミングを調整してきました。

ライダーガシャット“2本挿し”による、「レベル2」から「レベル3」への変身ギミックを舟木さんに実演してもらいました。(動画:32秒)

さらに、ベルト中央部に浮かび上がるグラフィックがわかりやすいように撮影した動画も用意。こちらは「レベル1」→「レベル2」→「レベル3」の変身の手順をすべて収録!(68秒)

武器の玩具も「ライダーガシャット」に連動。劇中シーンにない遊びも!
舟木:また、これは玩具ならではの苦労なのですが……ユーザーさんがこのベルトを買ったら、もちろん手持ちの「ライダーガシャット」を全部挿してみたくなりますよね?

――そこにスロットが2つあれば、何でもいいから2本挿してみたくなるのが人情ですね(笑)。

舟木:なので、劇中の変身シーン以外の組み合わせもある程度想定して工夫しています。劇中では鳴ることのないサウンドのバリエーションも、『DXゲーマドライバー』と「ライダーガシャット」があれば楽しんでいただけます。玩具は様々な組み合わせ・使い方で遊べるため、番組演出上扱いきれない使い方でも最大限楽しめるように作ることが、ライダー玩具開発チームのこだわりです!

――変身ベルト以外のなりきり玩具に「ライダーガシャット」が連動して遊べるのもポイントですね。

舟木:はい。『DXゲーマドライバー』と同時発売予定の武器玩具『DXガシャコンブレイカー』や『DXガシャコンソード』(10月15日発売)も、もちろん連動しています。『DXガシャコンブレイカー』は見た目もゲームコントローラーテイストで、Aボタンを押すことでハンマーから剣に変形します。さらにBボタンには「押した数とタイミングを記憶して攻撃音や爆発音を発動する」という凝ったギミックを採用しました。これに「ライダーガシャット」をセットすれば、『ゲーマドライバー』や『キメワザスロットホルダー』にセットした時とは別の必殺技サウンドが聴けます。「ライダーガシャット」や連動する武器は、劇中の展開に合わせて今後も登場していきますので、楽しみにしていただければと思います。

 
▲バンダイ『激打撃斬 DXガシャコンブレイカー』(税別4000円、10月1日発売)

 
▲『DXガシャコンブレイカー』のBボタンは「スペシャル攻撃」ボタンになっており、これを連打してからトリガーボタンを押すことでスペシャル攻撃サウンドが流れる。別売りの「ライダーガシャット」を使うことでさらに遊びが広がる仕組み。

取材・文/阿部美香 撮影/片寄雄太(And-Fabfactory)、編集部

(c) 2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

関連サイト
仮面ライダーエグゼイド 公式サイト(東映)
仮面ライダーエグゼイド 公式サイト(テレビ朝日)
仮面ライダーエグゼイド おもちゃ公式サイト(バンダイ)

関連記事
「仮面ライダーエグゼイド」変身ベルト開発者に聞く。超ポップになっても失われない“ライダーのアイデンティティ”とは?
今年の仮面ライダーは「ゲームで変身」だと…?『仮面ライダーエグゼイド』変身ベルト、いよいよ来月発売!
大人もハマる仮面ライダー!今知っておきたい6つの最新事情まとめ【アメトーーク!放送記念】

最終更新:10/1(土) 0:07

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]