ここから本文です

【Krush】無敗女王KANAが台湾の女殺人蜂をハイキックKO

イーファイト 10/1(土) 0:15配信

「Krush.69」(9月30日 東京・後楽園ホール)

 KANAが2度目の防衛戦に臨んだ。KANAは今年4月、わずか4戦目で元J-GIRLSミニフライ級王者・紅絹を破って第2代Krush女子王座に就くと、7月には初代&第3代J-GIRLSフライ級王者グレイシャア亜紀の挑戦を退け初防衛に成功した。

【フォト】ベルトを腰に巻いたKAANをKrushガールズたちが祝福

 わずか2カ月のスパンで行われる今回の2度目の防衛戦、挑戦者のキル・ビーは台湾アマチュアボクシング大学選手権の金メダリストであり、2013年世界選手権女子ライトフライ級台湾代表の経歴を持つ。Krushには今年1月に初参戦し、“9冠王”Little Tigerを破っている。

 1R、ビーは素早いパンチを連打して当てていくが、体格で優るKANAはものともせず前へ出て左ミドル、ビーの前足を外側と内側から蹴りまくる。終盤には早くも足がもつれるビー。

 2R、KANAは右ミドル、左右ロー、さらにボディブローと前へ出て攻め続ける。ビーはフットワークを使って強気にパンチを打ち返すが、ローとボディをもらってフラフラに。しかし、残り10秒でビーが右ストレートをクリーンヒット。KANAがグラつく。

 3R、パンチとローで圧倒するKANAだが、ビーはガッツを見せてKANAのガードが下がったところへフックを打ち込む。ビーのガッツにどよめく館内。前へ出て思い切りパンチを打つビーに押されたKAANだが、そこへ近距離からの右ハイキック。

 この一発が見事に決まり、ビーがバッタリと倒れてKANAが公約通りKOで2度目の防衛に成功した。

 KANAは「試合内容としては全然よくないけれど、結果として今日やりたかったKOで勝つことが出来てよかったです。もっともっと強くなって、いま女子格闘技が凄く盛り上がっているけれど、自分はこの立ち技格闘技Krushでもっともっと盛り上げたいと思います」と宣言した。

 記念撮影を終えると、KANAは再びマイクを持ち「女子のキックボクシングはセミファイナルまでしかありませんが、これからはメインで組まれるように本当に強くなります」と、メインイベンターを目標にすると語った。

最終更新:10/1(土) 0:15

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]