ここから本文です

試練のハリルジャパン…武藤先制弾も右膝負傷、横浜M斎藤チェックへ

デイリースポーツ 10/1(土) 5:00配信

 「欧州リーグ・1次L、カバラ2-3マインツ」(9月29日、バクー)

 第2戦が行われ、C組で日本代表FW武藤嘉紀(24)が所属するマインツ(ドイツ)は敵地でカバラ(アゼルバイジャン)に3-2で競り勝った。武藤は前半41分に欧州リーグ初ゴールとなる先制点を決めたが、後半39分に右膝を痛めて退いた。イラク、オーストラリアと戦う10月のW杯最終予選への影響が懸念されており、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)にとっては、また頭の痛い問題が発生した。

 ハリルホジッチ監督がまたも試練に直面した。公式戦4試合ぶりに先発出場した武藤は0-0の前半41分、左足を振り抜き欧州リーグ初得点となる先制点を決めた。代表指揮官にとっても朗報となるはずだったが、試合終盤に予期せぬアクシデントが起こった。後半39分、右クロスに飛び込んだ武藤は相手と交錯し、右膝を痛めてピッチを退いた。

 武藤は2月のハノーバー戦で右膝外側側副靱帯(じんたい)を損傷。復帰を目指していた3月の練習中にも同じ箇所を再び負傷し、長期離脱を強いられていた。現状では日本協会にも詳しい状況は入っておらず、霜田技術委員も「何も話せません」としたが、負傷の度合い次第では来週から始まるW杯最終予選2連戦に向けた日本代表合宿への参加も危ぶまれる。

 “有事”に備えて代表チームも対応策を取る。手倉森コーチの1日の視察先を浦和-G大阪戦(埼玉)から甲府-横浜M戦(中銀ス)に急きょ変更。29日に発表された代表メンバーのバックアップメンバーとして名を連ねていたFW斎藤学(横浜M)の状態を最終チェックする。

 ハリルホジッチ監督は「(所属クラブで)出場機会を得なければ、代表には呼べない」という自身の哲学を曲げてでも欧州組にこだわった。代表に招集された欧州組15人の大半が先発の座を失っており、武藤も例外ではなかった。それでも公式戦3得点は今回発表されたメンバーの欧州組の中では最多で、離脱となれば大きな痛手となることは間違いない。9月の2連戦でもDF長友、槙野が負傷で不参加となっているハリルジャパン。6大会連続のW杯出場へイバラの道が続く。

最終更新:10/1(土) 5:00

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。