ここから本文です

進化した「iPhone 7」の注目すべき新機能まとめ

ITmedia Mobile 10/1(土) 6:10配信

 「iPhone 7/7 Plus」は防水/防塵(じん)対応、FeliCa搭載など、気になる新機能が多い。中でも注目すべきはどの機能なのか。その特徴も含めて紹介したい。

【画像】地味に進化したホームボタン

●防水・防塵「IP67」とは?

 防水対応は、これまで水没に悩まされていたiPhoneユーザーにとって最もうれしい機能の1つだ。防水・防塵性能はIEC(国際電気標準会議)やJIS(日本工業規格)で保護等級が定められており、iPhone 7は「IP67」に対応する。

 その定義によると、IP67は「完全防塵」かつ「30分間の水没に耐えられる防水性能」となる。あくまで「真水、常温」が前提だが、今後は「うっかりトイレに落とした」「ゲリラ豪雨に遭遇した」程度では問題ないだろう。

●FeliCa搭載で何ができるの?

 iPhone 7はFeliCaを搭載し、「Suica」「QUICPay」「iD」に対応する。Suicaの場合、iPhone 7/7 PlusをSuicaカードかSuica定期券の上に置くと、Suicaの残額やSuica定期券の情報が転送される。あとはiPhoneを改札機の読み取り部分にかざすだけで改札を通過できる。日々の通勤が便利になりそうだ。

●ホームボタンも地味に進化

 iPhone 7/7 Plusでは、Taptic Engineをホームボタンに実装し、ボタンを押し込まなくても操作ができるようになっている。ホームボタンの故障は、iPhoneの中で最も多いトラブルの1つ。物理キーに関する故障はAndroidユーザーも共感できるだろう。Taptic Engineにより端末本体との隙間がなくなり、IP67等級の防水/防塵の実現も可能となった。

最終更新:10/1(土) 6:10

ITmedia Mobile