ここから本文です

【F1 マレーシアGP】金曜フリー走行はハミルトンがトップ、ホンダもトップ10圏内

レスポンス 10/1(土) 8:15配信

2016年のF1第16戦マレーシアGPが30日、セパン・インターナショナル・サーキットで開幕。初日のフリー走行はルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムを記録した。

[関連写真]

今年で18回目の開催となるマレーシアでの1戦。F1に合わせて路面を大幅に改修し、レイアウトこそ同じだが昨年までとは特徴の違ったサーキットに生まれ変わり、その感触を確かめるべく午前・午後ともに各チームが積極的に走り込んだ。

そんな中、午前中のフリー走行1回目ではケビン・マグヌッセン(ルノー)のマシンがピットエリアで出火するアクシデントが発生。幸いマグヌッセンはすぐに脱出し無事だった。一瞬の出来事でヒヤリとしたが、それ以外は大きなアクシデント、トラブルなくセッションが進行した。

早ければ今回のレースでコンストラクターズチャンピオンが決まるメルセデス勢が今回も好調。1回目ではニコ・ロズベルグがトップタイムを記録するが、午後の2回目でハミルトンが0.2秒逆転し1分34秒944のベストタイムで初日を終えた。ここ数戦はチームメイトの先行を許し、一度は掴んだランキング首位の座をついに明け渡すことに。残りレースも少なくなってきているため、ポイント差をちぢめたいところだ。

3番手にはセバスチャン・ベッテル、4番手にはキミ・ライコネンのフェラーリ勢がつけた。前回シンガポールGPでは不運なトラブルと戦略面で上手くいかず表彰台を逃したたが、マレーシアは昨年ベッテルが勝利しているコースでもあるため、予選・決勝でメルセデス勢にどこまで近づけるかが注目だ。

マクラーレン・ホンダ勢はフェルナンド・アロンソが7番手。ジェンソン・バトンが10番手で初日を終了。今回のような平均スピードが高めなコースでも着実にトップ10圏内に入ってこれており、翌週の日本GPへの期待も高まっている。

なお、アロンソは来週の日本GPに備えて、ここでアップデートしたパワーユニットを導入。これにより合計30グリッド分のグリッド降格ペナルティを受けることになる。

2016F1マレーシアGP 金曜フリー走行2回目結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分34秒944
2.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分35秒177
3.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分35秒605
4.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分35秒842
5.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1分36秒037
6.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分36秒284
7.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分36秒296
8.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分36秒337
9.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)1分36秒390
10.ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分36秒715

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:10/1(土) 8:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。