ここから本文です

年末のNHK紅白歌合戦、SMAP出場なしでもジャニーズ祭りの可能性

リアルライブ 10/1(土) 18:06配信

 紅白はジャニーズ祭りとなるか。NHKの籾井勝人会長がSMAP出場へラブコールを送ったことで、紅白に出場するジャニーズがこれまで以上に増えるのではといわれている。

 昨年は紅白常連のSMAP、TOKIO、嵐のほかに、関ジャニ∞、V6、Sexy Zone。さらには35周年の節目ということで近藤真彦まで出場と、計7組のジャニーズが出演した。

 「今年はNHKでも人事異動があり、紅白を担当する人が変わるので、さすがにジャニーズ枠は減るだろうといわれていたんですが、籾井会長の発言でジャニーズに良い様にやられそうだとささやかれています」とは芸能プロ関係者。

 籾井会長は「ジャニー喜多川社長と直接話し合いたい」とSMAPを出場させるために直談判するとまで言い出した。前出の関係者は「会長が出て行ってダメでしたってワケにはいきませんからね。当然、いま担当者がジャニーズと交渉中だそうです。ただ、SMAP擁立に動くからにはジャニーズ側も、あれも出して、これも出して、司会者にこの人も、などなど条件を吊り上げているのが現状だそうです。昨年の7組から切り下げるどころか、このまま押し切られて8、9組に司会者もなんてことになりかねない雰囲気ということです」と語る。

 それでも、SMAPが出場すればNHKにとってすべて丸く収まるのかもしれないが、あるレコード会社幹部は「なかなか難しい話でしょうね。いまやSMAPは事務所内ではアンタッチャブルな案件になりあがっていますし、誰がSMAPに紅白に出てくれ、といえるのか。実現は難しいとみられています」。

 条件を飲むだけ飲まされて、最後は「やっぱりダメでした」なんてオチになりかねないが、「会長がああ言ってしまった以上、結果がどうあれ、最善を尽くす必要がありますからね。ジャニーズ祭りになるのも致し方がないと踏んでいるんじゃないですか」とは前出の関係者。

 それでもいいと視聴者が納得してくれれば問題はないだろうが。

最終更新:10/1(土) 18:06

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]