ここから本文です

勤労者世帯 収入微増も、消費はマイナス続く

エコノミックニュース 10/1(土) 7:58配信

 総務省の二人以上世帯の家計調査「8月分」が30日発表された。勤労者世帯の実収入は1世帯当たり48万83円と前年同月に比べ、実質1.5%増加、名目で1%増加したことが分かった。

 一方で、消費支出は1世帯あたり27万6338円と前年同月に比べ、実質で4.6%減、名目で5.1%の減少になった。

 消費支出は、今年はうるう年で2月は1日多かったことで実質1.3%のプラスとなったが、うるう年でなければマイナスだった可能性があり、昨年9月以来、2月を除いて、連続8月までマイナスとなっている。

 8月の消費を食料、教養娯楽、教育など項目別にみると、食糧費が7万3961円で外食や魚介類などでの消費が減った。項目外の「その他の消費」支出が6万1923円で次いで多く、交通・通信費が3万7013円で3番目、教養娯楽費が3万488円と続いた。

 連続して実質減少している項目は光熱・水道(3カ月連続)、被服・履物(同)、保健・医療(同)、教育(4か月連続)、教養・娯楽(同)だった。

 一方、収入をみると、48万83円となり、内訳では世帯主収入が36万2480円。配偶者収入が5万7712円などで、可処分所得は30万1442円だった。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:10/1(土) 7:58

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。