ここから本文です

【パリモーターショー16】ランドローバー ディスカバリー 新型、クリーンディーゼル設定

レスポンス 10/1(土) 11:30配信

英国の高級SUVメーカー、ランドローバーが9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16で初公開した新型『ディスカバリー』。同車に、クリーンディーゼルが設定される。

画像:ランドローバー ディスカバリー 新型

新型ディスカバリーのディーゼルエンジンは、「TD6」と呼ばれる3.0リットルV型6気筒ターボ。ジャガー・ランドローバーの主要車種に、幅広く搭載されているユニット。

新型ディスカバリーの場合、最大出力258ps、最大トルク61.2kgmを引き出す。61.2kgmの豊かな最大トルクは、ガソリンスーパーチャージャーの45.9kgmに、15.3kgmもの差を付ける。

このディーゼルは、シングルターボと摩擦を低減するセラミックボールベアリング技術を採用した高効率の設計が特徴。ランドローバーによると、あらゆる速度域でスムーズかつ瞬時のパワーを発揮するという。

トランスミッションは、ZF製の8速AT。駆動方式はフルタイム4WD。0-100km/h加速は8.1秒、最高速は209km/hと、ガソリンスーパーチャージャーの7.1秒、215km/hに対して、遜色ないパフォーマンスを持つ。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/1(土) 11:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。