ここから本文です

西内まりや、露出度マックス!谷間&腹部&美脚あらわ

映画.com 10/1(土) 17:56配信

 [映画.com ニュース]西内まりやの初主演映画「CUTIE HONEY TEARS」が10月1日、全国93館で公開された。西内は共演の三浦貴大、石田ニコル、永瀬匡、今井れん、原作者の永井豪氏とともに、東京・新宿バルト9での舞台挨拶に臨んだ。

【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら

 原作は、1973年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店刊)で連載された、永井氏の国民的人気漫画。異常気象や未知のウィルスの蔓延で人類が激減し、人々が富裕層と貧困層に分断された近未来を舞台に、女性型アンドロイド「キューティーハニー」こと如月瞳(西内)と、犯罪組織「パンサークロー」の戦いを描く。

 西内はブラトップ風のトップス、ハイウエストのミニスカートという露出度の高い衣装で登場。オーバーサイズのジャケットで隠しているものの、トークに夢中になるあまりジャケットから手を放すと、谷間や腹部、美脚があらわに。キューティーハニーさながらの美しいボディラインで場内を魅了した。

 ハニー役の西内とダークヒロイン・ジル役の石田は、劇中で激しいアクションを披露している。西内は「ニコルちゃんと結構なバトルをやっていますが、ちょっと当たっちゃったりしちゃうんです。2人で息を合わせないといけないので、敵だけどカットがかかれば一心同体だった」と撮影を振り返る。一方の石田は「このかわいい顔を絶対に傷つけたらいけないと思って、顔に当たらないようにハラハラしていた。いつか、まりやちゃんのファンに呪われるんじゃないか」と苦笑いを浮かべ、客席に向けて「本当にすみませんでした」と謝罪した。

 タイトルとかけて「キュートなエピソード」を聞かれた西内は、地元福岡のラーメン店を訪れた際に「『お腹いっぱい! 帰らんといかん』ってなった時、お店のお兄さんに『また来るけん』って言って、サングラスかけて店を出た瞬間、あごに大きいネギが付いていた(笑)。サングラスでかっこつけたのに。かっこよく出来ない。そういうところは克服できない」と恥をかいたことを告白。三浦と永瀬に「キューティーハニー、ネギに負ける」とツッコまれていた。

最終更新:10/1(土) 17:56

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]