ここから本文です

『ジュラシック・ワールド』続編、前作よりもっと恐ろしくなる!

シネマトゥデイ 10/1(土) 14:12配信

 映画『ジュラシック・ワールド』の続編は、前作より「もっとサスペンスに満ちていて、恐ろしくなる」と製作のコリン・トレヴォロウがポッドキャスト番組「InGeneral」に出演して語った。

ハラハラ!『ジュラシック・ワールド』本編映像

 シリーズ第4弾にして14年ぶりの新作となった『ジュラシック・ワールド』を監督として世界的な大ヒットに導いたトレヴォロウ。続編では監督の座はホラー映画『永遠のこどもたち』や津波の恐ろしさをリアルに描いた『インポッシブル』のJ・A・バヨナに譲り、自身は脚本と製作を務めている。

 続編について聞かれたトレヴォロウは「もっとサスペンスに満ちていて、恐ろしくなる。そういうふうにデザインされて、物語はそういうふうに展開していくんだ。僕はずっと前からバヨナに監督してもらいたいと思っていた。だから続編における全てのことは、彼のスキルを中心に据えて作られたんだよ」とホラーも得意なバヨナが監督すべき内容になっていると明かした。

 また、トレヴォロウはロケ地についても言及。ハワイでの撮影に加えて、イギリスでも撮影が行われると報じられていたが、イギリスの方はスタジオを使うだけであり、物語がイギリスで展開することはないという。恐竜たちがロンドンを破壊しまくるシーンは残念ながらないことになる。

 まだ発表はできないものの、タイトルもすでに決定しているという『ジュラシック・ワールド』の続編は2018年6月22日に全米公開される。同シリーズは『ジュラシック・ワールド』から始まる3部作として企画されている。(編集部・市川遥)

最終更新:10/1(土) 14:12

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]