ここから本文です

【F1マレーシアGP】ハミルトンが今季8回目のポールポジション、バトンがQ3進出

レスポンス 10/1(土) 21:07配信

2016年のF1第16戦マレーシアGPの公式予選が1日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季8回目のポールポジションを獲得した。

[関連写真]

午前中のフリー走行3回目でもトップタイムを記録したハミルトンは、予選でも他を寄せ付けない走りを披露。Q1・Q2でトップ通過を果たすと、最終のQ3ではソフトタイヤを履いて1分32秒850まで伸ばしポールポジションを決めた。

一方、ロズベルグはQ3の1回目のアタックでわずかにコースオフし失敗。2回目のアタックでは新舗装となった最終コーナーに苦戦し1分33秒264がベスト。2番手となった。

3番手にはマックス・フェルスタッペン、4番手にダニエル・リチャルドが入りレッドブル勢がグリッド2列目を死守。5・6番手にはセバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネンのフェラーリ勢。7・8番手にセルジオ・ペレス、ニコ・ヒュルケンベルグのフォース・インディア勢がつけ、チームごとで上位のグリッドが決まる結果となった。

マクラーレン・ホンダ勢は今回で通算300戦目を迎えるジェンソン・バトンがQ3進出を果たし9番手。フェルナンド・アロンソはアップデート版のパワーユニットを導入したため計45グリッド分の降格ペナルティを受けるため、Q1で予選通過基準タイムをクリアし、早々にガレージに戻った。

2016F1マレーシアGP公式予選結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分32秒850
2.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分33秒264
3.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1分33秒420
4.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分33秒467
5.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分33秒584
6.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分33秒632
7.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分34秒319
8.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)1分34秒489
9.ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分34秒518
10.フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)1分34秒671


22.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分37秒155

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:10/1(土) 21:07

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています