ここから本文です

メルセデスの高級車、8億円の「マイバッハ」とは?

ZUU online 10/1(土) 18:50配信

メルセデス・ベンツ日本は、9月からメルセデス・マイバッハのラインアップに「メルセデス・マイバッハ S600 プルマン」を加え、受注を開始した。マイバッハ S600 プルマンはラグジュアリーなリムジンタイプのプレステージカーだ。完全受注生産で、価格は8800万円。マイバッハを詳しく知らない人にマイバッハの秘密をこっそり教えよう。世界一高い車はランボルギーニ・ヴェネーノの4億円と言われているが、マイバッハにはなんと8億円のモデルもあるのだ。

■マイバッハはドイツの高級車の歴史そのもの

マイバッハ社はヴィルヘルム・マイバッハが息子のカール・マイバッハとともに1909年に創業した会社だ。ヴィルヘルムは、マイバッハ創業前にはダイムラー社のエンジン研究者で、ゴッドリーブ・ダイムラーとともにメルセデスの第1号車を設計している。マイバッハは、歴史的にもダイムラーに近い。飛行機の原点となるツェッペリン飛行船のエンジンを作っていたのはマイバッハ社だ。ドイツの戦車のエンジンもマイバッハがほぼ独占している。

マイバッハ社は、メルセデス社とともにドイツの高級車の歴史を担ってきた。1952年のカール・マイバッハの引退を機にダイムラー・ベンツが 50%の株式を所有、1969年にはダイムラー・ベンツに吸収合併され会社としての歴史は終焉した。

マイバッハがブランドとして復活したのは2002年。当初は独立したブランドではなく「メルセデス・ベンツ・マイバッハ」という名称でメルセデス・ベンツ・ブランドの最上位車種として販売する予定だった。しかし「メルセデスはSクラスが最高モデルであるべき」という経営陣の判断で、独立ブランド「マイバッハ」として展開されることになった。独立ブランドのマイバッハは4000万円を超える価格だった。

しかし、マイバッハは収益的に成功せず、メルセデスは2013年にマイバッハブランドから撤収することになった。その後、メルセデス・ベンツSクラスの最上位グレードとしてマイバッハの名は存続することになった。最初の構想に戻ったのだ。

■メルセデス・マイバッハの誕生

メルセデス・ベンツのラインナップとして、「究極のエクスクルーシブ性」を追求する威厳と風格を備えて新しく生まれ変わった「メルセデス・ マイバッハ」。リムジンなどの高級路線で高級車のメルセデスの中でもさらに特別なラインとして扱われている。

メルセデス・ベンツ日本は2015年2月からメルセデス・マイバッハSクラスを販売開始した。現在、日本のメルセデスで扱っているマイバッハは、メルセデス・マイバッハ S550(2222万円)、メルセデス・マイバッハ S600(2626万円)の2種であり、それに受注生産のメルセデス・マイバッハ S600 プルマン(8800万円)が加わった。

メルセデス・マイバッハ S600 プルマンは、ラグジュアリーなだけでなく、最大出力530PS、最大トルク830Nmの6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、7速オートマチックトランスミッション「7G-TRONIC」を組み合わせており車としての性能も高い。

■芸能人に愛されるマイバッハ

オーナーの半数近くが芸能関係者などのセレブだといわれている。資産家や会社の経営者なども多い。世界での、マイバッハのオーナーもしくはオーナーだった人では、ウィル・スミス、マドンナ、チャーリー・シーン、アレックス・ロドリゲス、ウディ・アレン、クリスチャン・オードジェーなどがあげられている。ラッパーの大御所ジェイZなど、ラッパーにもマイバッハは人気がある。 マイバッハは、購入時に審査があり、反社会的組織や前科がある人などは購入できない。

■8億円のマイバッハ・エクセレロ

そのマイバッハの中でも別格の車がある。マイバッハ・エクセレロはマイバッハのスペシャルクーペモデルだ。世界に20数台しかないと言われている。車両重量2.6トンの超重量級にもかかわらず最高速度は350キロ超えとラグジュアリーカーのモンスターだ。

世界で最も高いと言われている市販車であるランボルギーニ・ヴェネーノやブガッティ・ヴェイロンでも2ー4億円程度。エクセレロはコンセプトカーで完全予約制をとっており、一般市販はされていないため、世界一高い市販車の座はランボルギーニ・ヴェネーノに譲ってはいるものの、その装備、性能だけでなく、値段もまさにモンスターだ。

エクセレロのオーナーには、専属のパーソナル・リエゾン・マネージャーがついて購入からメンテナンス、修理までマイバッハに関する全てのお世話をしてくれる。そういったサービス、アフターケアもまさにVIPカーそのものだろう。

平田和生(ひらた かずお)
慶應義塾大学卒業後、証券会社の国際部で日本株の小型株アナリスト、デリバティブトレーダーとして活躍。ロンドン駐在後、外資系証券に転籍。国内外機関投資家、ヘッジファンドなどへ、日本株トップセールストレーダーとして、市場分析、銘柄推奨などの運用アドバイスをおこなう。現在は、主に個人向けに資産運用をアドバイスしている。

最終更新:10/1(土) 19:13

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。