ここから本文です

【パリモーターショー16】ポルシェ 911 に最新GT3レーサー…安全性と耐久性を向上

レスポンス 10/1(土) 22:44配信

ドイツの高級スポーツカー、ポルシェが9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16で初公開した改良新型『911 GT3 カップ』。エンジン排気量の拡大以外にも、進化した点は多い。

画像:改良新型ポルシェ 911 GT3 カップ

同車は、現行の『911 GT3』をベースに開発されたレース専用車で2013年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー13で初公開。デビューから3年半が経過し、パリモーターショー16では、改良新型モデルが登場した。

改良新型モデルで重視されたのが、ドライバーの安全性の引き上げ。ドライバーは強固なセーフティケージと、頭部と肩部の周囲をとくに頑丈に成形した新しいバケットレーシングシートによって、保護されるようになった。また、最新のFIA(国際自動車連盟)の基準に従い、ルーフのレスキューハッチのサイズを拡大。事故後の初期治療と救出を容易にした。

さらに、改良新型モデルには、堅固に取り付けたロッカーアームとセンターオイルフィードを備えたバルブドライブを初採用。エンジン内部のオイル消泡を最適化するために、オイルセパレーターが一体化された。クランクシャフトの剛性も、大幅に向上。

ポルシェは、「レース仕様の自然吸気エンジンの耐久性が向上したことで、メンテナンス費用も抑えられた」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/1(土) 22:44

レスポンス