ここから本文です

【凱旋門賞】フランスギャロ・ロトシルト会長 マカヒキの14番は「問題ない」

デイリースポーツ 10/1(土) 6:05配信

 「凱旋門賞・仏G1」(2日、シャンティイ)

 日本馬初の快挙へ、命運を握る枠番が9月30日、決定した。枠順抽選会がサンクルー競馬場内特設会場で行われ、日本ダービー馬マカヒキ(牡3歳、栗東・友道)は、14番ゲート(馬番14)に決定した。

 フランスギャロのロトシルト会長は、マカヒキの14番ゲートに「ノー・プロブレム」と笑顔で首を横に降った。「2400メートルは長距離だし、道中は時間もある。出たあとが大事。ゲート番は関係ない。マカヒキはとてもいい馬。前走も無理はしていない。日曜に向けて力が余っている」と語った。一部で、来年もシャンティイ競馬場開催と報じられたが、「まだ決めていない。終わってからだ」とした。

最終更新:10/1(土) 7:47

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。