ここから本文です

【凱旋門賞】ニューベイ歴代最多7勝の名伯楽が仕上げる実力馬

デイリースポーツ 10/1(土) 6:05配信

 「凱旋門賞・仏G1」(2日、シャンティイ)

 最有力馬のポストボンドと同じドバウィ産駒。シャンティイで行われた昨年の仏ダービー(芝2100メートル)を制し、2番人気に支持された同年の凱旋門賞はゴールデンホーンの3着に好走した。

 今年初戦のイスパーン賞は、エイシンヒカリに大きく離された6着に敗れたが、当時はまだ本調子になかったようだ。態勢を整え直して迎えたゴントービロン賞では、ムチを使うことなく完勝し、復調をアピールしている。G1馬8頭が顔をそろえた前走の愛チャンピオンSは好位から運ぶも伸び切れず、勝ち馬から5馬身余り離される4着だった。

 管理するA・ファーブル師は、凱旋門賞でディープインパクトを破った06年レイルリンクなど、歴代最多となる7勝を挙げる名伯楽。世界最高峰のレースの勝ち方を知っているだけに、大一番できっちり仕上げてくるだろう。

最終更新:10/1(土) 7:44

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。