ここから本文です

Who the Bitch、ゆかりあるアーティスト集結の「ビッチフェス2017」で活動再開

音楽ナタリー 10/1(土) 12:00配信

Who the Bitchが来年2月18日に東京・WWW、SHIBUYA CYCLONE、GARRET udagawaの3会場にて「ビッチフェス2017」を開催する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

昨年2月20日に東京・WWWで行われたワンマンライブをもって活動を休止していたWho the Bitch。およそ2年ぶりの再始動となる本公演にはバンドとゆかりのあるアーティストを中心に全20組が出演する。今回出演アーティスト第1弾としてWho the Bitchのほかに、つしまみれ、UHNELLYS、wash?ら7組の参加が発表された。ehi(Vo, G)は再始動にあたって「いくつになっても、ドロだらけでも、これが私の生きゆく姿。早くみんなに会いたいぜ!」とコメントしている。イープラスでは本日10月1日から14日23:59までチケットの先行予約を受け付ける。

ehi コメント
2年間の活動休止。それが未来への第一歩として凄く大切な時間だったのだと思っています。そして!私の愛するバンドWho the Bitchは再始動し新たな一歩を踏み出します!!!いくつになっても、ドロだらけでも、これが私の生きゆく姿。早くみんなに会いたいぜ!

Nao★ コメント
長かったのか短かったのか約2年。いろんな人に出会って、助けられて、今またステージにWho the Bitchとして立てるんやと思ったら、嬉しさで震えました。込み上げる想いはすべてこのフェスにぶちこむ!「待たせたなぁー!」って言うから、2月まで準備万端でもう少し待っててね!

Who the Bitch「ビッチフェス2017」
2017年2月18日(土)東京都 WWW / SHIBUYA CYCLONE / GARRET udagawa
<出演者>
Who the Bitch / アシュラシンドローム / UHNELLYS / JinnyOops! / つしまみれ / P!SCO / Boiler陸亀 / wash?

最終更新:10/1(土) 12:00

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]