ここから本文です

ボルボ C70、デビュー20周年…「四角いボルボ」と決別した名車

レスポンス 10/1(土) 23:00配信

スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは9月30日、『C70』がデビュー20周年を迎えた、と発表した。

画像:初代ボルボ C70

C70 は1996年9月30日、パリモーターショーでワールドプレミア。ボルボカーズの上級クーペで、およそ1年後には、オープン版の『C70カブリオレ』が加わった。

C70は当初のデザインを9年間、大幅に変更することはなかった。『C70クーペ』は2002年まで、カブリオレは2005年4月まで生産。累計生産台数は7万6809台。そのうち、クーペは2万7014台、カブリオレは4万9795台だった。

ボルボカーズは2005年9月、パリモーターショーにおいて、2世代目となる『C70コンバーチブル』を初公開。2代目モデルは、ピニンファリーナが設計した3分割リトラクタブルハードップを装備している。

初代C70は、BTCC(英国ツーリングカー選手権)でボルボのレーシングチームと関係があったTWR(トム・ウォーキンショー・レーシング)と提携して開発された点が特徴。ボルボカーズは初代C70の開発に際して、「ボルボのデザインは角張った箱型」という概念を変えようとしていた。

当時のTWRのデザイナー、イアン・カラム氏は、誰が見ても間違いなく当時のボルボを連想させるデザインを提案した後、アーチ形のルーフラインと彫刻的なサイドを備えたクーペのスケッチを提案。これが、市販モデルのC70のデザインに結実。これ以降のボルボ車を特徴付けることになる、新しいデザインの先駆けとなった。

ボルボカーズは、「C70は、ボルボ=箱形というイメージを覆した情熱的な車」と、デビュー20周年を祝うコメントを発表している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/1(土) 23:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]