ここから本文です

マライア・キャリー 大富豪との婚約破棄危機

東スポWeb 10/1(土) 16:41配信

 米歌姫マライア・キャリー(46)とオーストラリアの大富豪ジェームズ・パッカー氏(49)が婚約破棄の危機を迎えているという。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 キャリーと資産4000億円といわれる実業家のパッカー氏は昨夏、イタリアなどでバカンスを楽しみ、交際がスタート。1月にパッカー氏がキャリーに35カラットのダイヤの指輪を贈って婚約し、今年の夏にも結婚するといわれていた。だが、一転して破局の危機を迎えているというのだ。

 2人は9月22日(現地時間)、エーゲ海のギリシャ領ミコノス島を訪れたが、結婚に向けて進展が見られず、このまま破局に向かう雲行きだという。関係者によると、キャリーとラッパーのニック・キャノン(35)との離婚がいまだ正式に成立していないため、ジェームズ氏と結婚できない状態が続いている。

 キャリーとキャノンは2008年に結婚。11年に双子の男女をもうけたが、キャノンの浮気が原因で破局し、14年12月にキャノンが離婚を申請した。しかし、離婚が正式に成立していないにもかかわらず、キャリーがパッカー氏と婚約を発表したことで、キャノンが態度を硬化。離婚を渋っているというのだ。

 また、キャリーがテレビのリアリティー番組に出演することをジェームズ氏が反対し、2人の亀裂が深まっているという。さらにはキャリーがラスベガスのショーを来年春まで延長するなど、歌手活動に一層力を入れ始めていることも破局説に拍車をかけている。

 果たして歌姫と大富豪は婚約破棄の危機を乗り越えてゴールインできるのか。

最終更新:10/1(土) 16:41

東スポWeb