ここから本文です

【スプリンターズS】最内枠ビッグアーサー 前走と同枠も「今度は逃げない」

デイリースポーツ 10/1(土) 6:05配信

 「スプリンターズS・G1」(2日、中山)

 スプリンターズSの枠順が9月30日、確定した。スプリントG1春秋連覇を狙うビッグアーサーは1枠1番、春の高松宮記念2着馬ミッキーアイルは8枠15番になった。

 逃げた前走と同じ最内枠。ビッグアーサーが再び1枠1番を引き当てた。枠確定の一報に「またか」と驚いた藤岡師。ライバルの馬番を見渡すと「展開的にいいんじゃないかな。明らかに速くなる。前走の感じなら我慢できる。内なら思いっ切り内の方が競馬しやすい」とうなずいた。

 指揮官は今回、どんなレースを思い描くのか。「今度は逃げることはない」。番手からの抜け出しで春秋スプリントG1制覇を狙う構えだ。この日は栗東の角馬場で調整。「雰囲気がいい。リラックスしているし、体も締まっている」と状態の良さを誇らしげにする。春はG1初挑戦でスプリント界の頂点に立った。今度は追われる立場となったが、その座は譲らない。

最終更新:10/1(土) 7:42

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。