ここから本文です

<石田ニコル>キューティーハニーを追い詰める “美しすぎる”アンドロイドに

まんたんウェブ 10/2(日) 9:00配信

 女優の西内まりやさんの初主演映画「CUTIE HONEY-TEARS-」(A.T.&ヒグチリョウ監督)に、主人公の如月瞳(キューティーハニー)と敵対する“美しすぎる”アンドロイド・ジル役で出演したモデルの石田二コルさん。「ジルは感情のないアンドロイドなので、動きだったり、表情だったり、歩き方だったり、自分なりに考えて、どうやったらモノっぽくなれるのかを考えながら演じていた」と明かす石田さんに、映画や役への思いなど聞いた。

【写真特集】美しい二コル…まりやは“覚悟の裸”撮影語る 

 ◇完璧な「モノ」を演じる

 「キューティーハニー」は、「デビルマン」「マジンガーZ」を手掛けた永井豪さんのマンガで、1973年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載を開始。「空中元素固定装置」を内蔵した女性型アンドロイドの如月ハニーと、装置を狙う犯罪組織「パンサークロー」との戦いを描いた物語。過去にテレビアニメ化され、庵野秀明監督、佐藤江梨子さん主演で映画化もされた。

 今回の実写「CUTIE HONEY-TEARS-」は、AI(人工知能)に支配された近未来、富裕層が暮らす上層階と貧困層が暮らす下層階との二層に分けられた街を舞台に、人類最大の危機を救うため人間の感情を持つアンドロイドの如月瞳(西内さん)が下層階の仲間たちと力を合わせ、上層階で世界を支配する感情を持たないアンドロイドのジル(石田さん)に戦いを挑む……というストーリー。上層階で働く下層階出身のジャーナリスト・早見青児役で三浦貴大さん、キューティーハニーの生みの親・如月博士役で岩城滉一さん、下層階のレジスタンスとして高岡奏輔さん、永瀬匡さん、今井れんさんも出演する。

 ジルは一切、感情を持たず、人間を生かし、管理することを目的に作られたアンドロイド。瞳とは正反対の超合理主義者として描かれ、まるで精巧に作られた人形のような“美” と時折浮かべる冷笑が相まって、見る者に強い印象を残す。石田さんは「『完璧な』ってせりふがあるんですけど、完璧でいなくちゃいけないっていうのが自分の中で大変で。立っていても座っていても自分に自信があって、強さが伝わるような、目力だけで何かを訴えられる、何を動かせるっていう、そういう“モノ”にならなくてはいけないっていうのが、すごく難しかったですね」と振り返る。

1/2ページ

最終更新:10/2(日) 10:13

まんたんウェブ