ここから本文です

TAKAHIROと登坂広臣「HiGH&LOW」新章を台湾でアピール、韓国配給も決定

映画ナタリー 10/1(土) 12:00配信

メディアミックスプロジェクト「HiGH&LOW」の劇場版第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」。本作のインターナショナルプレミアが台湾で現地時間9月29日に開催され、雨宮兄弟の次男・雅貴役のEXILE TAKAHIRO、三男・広斗役の登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

SWORD地区で最強と称された雨宮兄弟が主役となる本作は、彼らの過去に隠された秘密に迫る物語。共演には斎藤工、吉本実憂、岩城滉一、石黒賢、飯島直子らが名を連ねる。

レッドカーペットセレモニーには約1000人のファンが集結。TAKAHIROと登坂はサインや握手の求めに応じてファンとの交流を楽しんだあと、それぞれ中国語で挨拶して会場を沸かせる。「暑いですねー!! 大丈夫ですか?」と司会者が尋ねると、TAKAHIROは「フィリピンでも灼熱の中、革ジャンでアクションをしていましたので、これくらいの暑さには慣れています! 気合いで汗を止めています!!」と撮影エピソードを交えながら答えた。TAKAHIROが「斎藤工さんを長男に迎え兄弟の絆、感動をお伝えできると思っております」と、登坂が「兄弟の絆、家族の絆、アクションシーンなど見どころがたくさんありますので、ぜひ楽しんでいただければと思います」と本作をアピールする場面も。

続いて行われた舞台挨拶で、TAKAHIROは「登坂演じる広斗は、アクション含めすべての表情に余裕があり、醸し出す雰囲気がうらやましく僕も一生懸命真似していました(笑)」とコメント。それを受けて登坂は「シリアスなシーンでは、いつもと違うスイッチが入ったときのカッコよさが入っていて、真似したいです」とTAKAHIROの演技について語った。

さらに2人が観客からの質問に答えるコーナーでは、日本人留学生の「寂しくて負けそうになることがあります。そういうときのアドバイスをお願いします」という求めに、TAKAHIROは「人生相談だ……真面目なの苦手なの……」とつぶやきながらも「広斗の『壁だと思え』を思い出してください! これがあれば大丈夫だと思います!」と劇中のセリフを引用してエールを送る。また登坂は「寂しくなったら僕らの曲を聴いてください! 元気になります!」と助言した。

なおイベント終盤には、「HiGH&LOW THE RED RAIN」が韓国で配給されることが決定したとアナウンスされた。

「HiGH&LOW THE RED RAIN」は10月8日より全国でロードショー。



(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会

最終更新:10/1(土) 12:00

映画ナタリー