ここから本文です

小国以載が世界初挑戦!王者グスマンは22戦全KOも「おいしいなと思った」

デイリースポーツ 10/1(土) 6:05配信

 ボクシングの角海老宝石ジムは9月30日、IBF世界スーパーバンタム級5位の小国以載(ゆきのり、28)が12月31日に、同級王者ジョナタン・グスマン(27)=ドミニカ共和国=に挑戦することが内定したと発表した。会場は未定で、決定次第、記者会見を開く予定。

 小国は元東洋、日本同級王者で、戦績は18勝(7KO)1敗1分け。15年に2度防衛した日本王座を返上し、世界戦のチャンスを待っていた。グスマンは7月20日に大阪で、小国に唯一の黒星をつけた和気慎吾(古口)との王座決定戦に11回TKO勝ち。22勝全KO勝ちの強打者だ。

 小国は「グスマンとやりたかった。和気さんを圧倒した男なので一層気合が入る」と初の世界戦に満を持す。「グスマンはビッグマッチを狙う上で、KOレコードに傷をつけたくないはず。フルマークで勝ってても、最終ラウンドは逃げずに必ず倒しにくる。立ってさえすればチャンスがある。グスマンと聞いておいしいな、と思った一番の理由はそこ」と、したたかに世界を狙う。

最終更新:10/1(土) 8:13

デイリースポーツ