ここから本文です

<福山雅治>「SCOOP!」主演ロングインタビュー(下) 中年になって「世間とのズレは補正しない」

まんたんウェブ 10/2(日) 10:00配信

 歌手で俳優の福山雅治さんの主演映画「SCOOP!」(大根仁監督)が10月1日に公開された。「SCOOP!」は、1985年に制作された原田眞人監督・脚本の作品「盗写1/250秒」が原作で、「モテキ」「バクマン。」などを手がけた大根監督がメガホンをとった。今作で、以前はスターカメラマンだったが今は落ちぶれて借金まみれのパパラッチ・都城静を演じた福山さんは、今作のためにクランクイン前から髪とヒゲを伸ばし、衣装を着込んで日常生活を送るなど徹底した役作りで撮影に臨んだという。新人記者役で二階堂ふみさんが出演しているほか、吉田羊さん、滝藤賢一さん、リリー・フランキーさんらが脇を固めている。福山さんに役作りや今作に懸ける思いなどを聞いた。

【写真特集】福山雅治 パパラッチ役に意外な苦労 ヒゲが生えない…

 ◇二階堂ふみはなんでも受け止めてくれる

 ――相手役の二階堂さんですが、最初は若い人の最たるもののような描かれ方をしていました。二階堂さんとの現場の雰囲気はいかがでしたか。

 ふみちゃんは、若いのに本当になんでも受け入れてくれる女優さんで、静として何をやっても野火(二階堂さん)として受け止めて返してくれるし、そのふみちゃんのなんでも受け止めてくれるお芝居の仕方が静を作ってくれたというので、若いのにマインド的には32、33歳みたいだなと。素晴らしかったですよ。

 ――カメラの回っていないところではどんな話を?

 ふみちゃんはその昔、「テニスの王子様」が大好きだったらしくて、ものすごく詳しいんですよ。ほかにもいろんなことを知っていて、多趣味だし、造詣が深くて(持っている)情報量が多いんです。話していても話題も豊富だし。こちらが若い女優さんだからって気を使う必要はまったくなかった。どんな話題でも話せる人なので。

 ――福山さんもいろいろと知識が豊富だと思うんですけれど。傾向としては同じタイプなので共感したのでは。

 若いのにサービス精神がある方で、そういう意味では共通しているのかな。でも女性はそういう傾向があるような気がします。

1/4ページ

最終更新:10/2(日) 16:59

まんたんウェブ

なぜ今? 首相主導の働き方改革